保存庫

https://twitter.com/hikarudayohallo?s=09 https://twitter.com/hikarutti0626?s=09 https://twitter.com/hikarukun626?s=09

廃炉

遺書が欲しい

いつ死んでも後悔の残らぬよう。

遺書が欲しい

しつこい執着は生きている間だけで十分だろう

思えば最後まで何も残らなかったなぁ

そんな風に思いたくない

思いたくないが

 

俺が最期まで孤独だったなんて思わないでくれ

俺は最後まで信じていた

愛する人たちの無量の愛情を

事実うそだったとしてもいい

あなた方は私に幸福をくれた

畢竟それで満足だったのかもしれない

 

重い疾風に塵と砕かれ

この世の何も名残に残さず

風化して消えることが出来たら。

 

嗚呼

悲しんでいるのは俺だけじゃない

分かっているが、この切なさは俺だけのものだ

悲しみが蔓延っている大気の渦の中

俺一人俺の悲しみを悲しむ

それその事が遣る瀬無い。

 

知らぬ間に遠くへ行ってしまいたい

俺が死んだなどと誰も知らずに

いつの間にかどこへやらの遠くへ

まるで一歩ずつ死へと歩き向かって行ったかのように

沢山の愛するものに背中を見守られているように思い込みながら